注文住宅との違いやメリットを解説!?建売住宅に関する知識を初心者にも分かりやすく解説

建売と注文住宅のもっとも大きな違いは、既に設計されて建てられているか、これから設計から始めるかという点です。注文住宅は土地を購入して、そこに見合う家を建てるために設計します。それに対し、建売は土地を用意する必要がありませんし、建物もすでに完成していますので、希望する家が見つかったらすぐにでも内見して決めることが可能です。設計費用がかからない分、手ごろな価格帯からも用意されており、資金が少ない人にも向いています。

そもそも建売住宅とは?注文住宅との違い

建売住宅は完成している新築一戸建て、このようなイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。実際、完成しているケースもありますが、建設途中や建設前の更地の状態で販売がスタートすることも少なくありません。建売住宅は、土地と建物をセット販売している新築の分譲住宅といわれていますが、分譲地に建設される新築一戸建て住宅を分譲住宅と呼ぶこともあるなど、最近は両者を同じように考えるケースが増えているようです。ちなみに、注文住宅は建売住宅と比較が行われることが多いのですが、大きな相違点は土地の有無と住宅の間取りやデザインへの自由度です。注文住宅は土地を持っていない人は家を建築する場所を決めることから始める必要がありますが、家のデザインや間取りはライフスタイルに合わせて自由にできるメリットがあります。建売住宅は、建設会社が決まっていることや完成している場合はその家の間取りなどを見て購入の可否を決めるなどの違いを持ちます。

建売住宅のメリットやデメリットには何がある?

建売住宅は、販売形態にもよりますが完成している物件なら、物件見学で購入すべきか否かを判断できることや土地と建物を組み合わせた価格になるので、金額を見たときに予算に合っているのか否かを判断できる、このようなメリットがあります。注文住宅の場合は、間取りや家の中で利用する住宅設備、色やデザインなど好みのものを導入して家づくりができますが、完成済みや建設途中の建売住宅は現状維持になるので、変更することはできません。建設前に販売がスタートする建売住宅も間取りやデザインなどを変更することはできませんが、販売会社の中には好みのクロスや外壁材を指定されているものの中から選べるプランを用意していることもあります。この場合は、商品により追加料金が発生することもあるため予算内に収まるのか否かの確認は大切です。なお、完成している建売住宅はモデルハウスなどを建てることなく販売する家をモデルハウスにすることもあるので、この場合は来場者が家の中を見学していることになります。

建売住宅は販売価格を見て予算に合うのか否かの判断ができる

建売住宅は販売価格を見て予算に合う物件になっているか、このような判断ができるメリットがあります。建売住宅を購入するときには、さまざまな注意点がありますがその注意点の一つに必ずしも建売住宅は完成しているとは限らないといった部分です。完成済みになっている場合は、実際に見学して作りやデザインが好みのものなのか、判断して購入すべきか否かを見極めることができます。ただ、完成している家は基礎工事がしっかり行われているのか、不安に感じる人も多いのではないでしょうか。基礎がしっかり行われているのか否かは建築前から定期的に現場に出向いて確認することが大切ですが、完成しているとそれができないわけです。購入する前には住宅性能表示の有無や購入後のアフターフォローの良さなどもチェックしておくと安心に繋がりますし、建売住宅の見学の際には家の中だけでなく、周辺環境や家から駅までの距離感など実際に歩いたりバスを利用したりして確認しておくことをおすすめします。ちなみに、住宅性能表示は法律に基づく制度で購入する家への安心が提供されます。

建売住宅に類似している分譲住宅との違いは?

分譲住宅は一般的には複数の物件をまとめて販売するものとなっており、そのエリアの中で様々な間取りが存在しその中から選ぶことができるのがポイントとなっています。さらに複数の住宅が同時に建築され販売されることから、地域のコミュニティを新たに生み出すものとなっているのが特徴です。近隣との関係が作りやすく、さらには周辺環境も同時に成長していることがポイントとなっています。 建売の場合には1つの住宅を建築しこれを売却すると言うケースが多いため、既に地域コミュニティが確立していることがポイントです。様々な環境が整い、近隣が充実している中で生活を始めることができるため、快適性のメリットが大きいと言う特徴があります。 建売の場合には選択肢が少なく、既に完成している地域の中に自らが住み始めることになるため、様々なデメリットが生じると言うリスクも含んでいることが考えられます。ただしこれらの条件を含んでいることから分譲住宅に比べ価格が安い傾向があることもポイントです。

建売住宅なら物件見学で気に入れば最短で引越し可能

家を購入したいけれど、引っ越ししなければならない期日が迫っているケースがあります。その場合は土地探しから始めていたら間に合いませんし、土地がある場合でも設計から計画していると期日を過ぎてしまいます。急いでいる時に向いているのは建売であり、既に建てられている家ですので気に入ればすぐに契約を結べるのがメリットです。気に入った家があれば、物件見学を申し込んですぐに内部まで確認できます。図面で見るだけですとイメージがわきにくいという問題があり、注文住宅でもそれで失敗してしまうケースがあります。しかし、建売はそこに家が建てられているため、その場所に実際に足を踏み入れて内部を見学したり設備をチェックすることが可能です。納得した上で購入を決めることができ、契約までこぎつければすぐに引っ越しの準備を始められます。もちろんローンの計画等も必要であり、資金面で目途が立ったらすぐに営業マンに連絡を入れて契約を進めることが大切です。

販売形態を要チェック!建売住宅といっても完成物件だけではない

建売住宅の販売形態は、完成済みと更地や建設中などの未完成、そして建築条件付きの宅地といった3つの種類が存在します。建築条件付き土地は、建設会社や住宅の間取りやデザインなどの仕様が決まっていますが、オプションを利用して設備のグレードアップを行ったり好みの外壁材やフローリング床材、クロスや建具などを選択できるメリットもあります。一般的な建売住宅は完成済みと未完成の2つになりますが、それぞれの特徴を把握することでメリットやデメリットが見えて来ます。完成している場合は、外観から生活空間などが仕上がっているわけですから、物件見学が可能です。家の中を見学して家事動線や生活動線、キッチンや浴室などの水回りの仕様などを確認して購入の検討ができます。更地や建設途中の場合は、どのような家になるのかその段階では分からないため、モデルハウスを見学してどのような家になるのかイメージしなければなりません。ただ、更地からスタートしたり建設が始まったばかりの段階などでは基礎工事を見学したり、家が完成する様子を目にできるなどのメリットがあります。

建売住宅の販売形態①:完成済みのメリット・デメリット

完成済みの建売の場合、契約をすればすぐに入居が可能なのが最大のメリットです。企画や設計を考える必要もなく、工事を施工する際に立ち合いを求められることもないほか、完成まで待つこともありません。内覧会で建物を見学でき、そこで暮らす様子を具体的にイメージすることができます。ごく稀に売れ残っていた物件の場合は、割引となりお得に住まいを手に入れられるチャンスもあります。一方で建売のデメリットと言えるのが、一切のカスタマイズができないところです。一から作る注文住宅なら間取りや部屋数、デザインなど細部にわたって決められますが、完成済みであることからそれらを考える楽しみはありません。また、完成してから年月を経過しているケースもあり、新たに購入したにも関わらず入居した時点で一定の築年数が経過していることもあります。建売住宅を購入する際にはこれらのメリットやデメリットを勘案し、後悔しないようじっくりと検討したいところです。

建売住宅の販売形態②:更地や建設中など未完成のメリット・デメリット

まだ更地であったり建物が未完成の建売を購入する場合のメリットは、屋内設備をいくつかの候補から選択できることが多いことです。通常ですとすべて決められていて、購入者が選べる部分がありませんが、この場合はいくつかの部分を選べるようになっています。間取りを選択できる建売もあり、自由度が少し高めです。用意されている間取りは広く選ばれているいくつかのパターンであり、様々な形の家族に合うようになっていることもポイントです。このように非常に大きなメリットがありますが、デメリットもあり、まだ建物が完成していないのでイメージしにくいことを気にする人もいます。図面を見ただけでは分からないことも多いのですが、最近ではパソコンで仕上がり画像を確認できますので、不安な時には見せてもらうと良さそうです。完成前ということで、急いで引っ越したい時でも時間がかかるということも気になります。通常の建売のように、契約をした後もすぐには引っ越せません。

建売住宅の販売形態③:建築条件付き土地のメリット・デメリット

建売住宅の建築条件付き土地とは、土地を購入するときに、指定されたハウスメーカーや工務店で家を建築するといった条件が付いた土地のことを指します。建築条件付き土地には、どんなメリットがあるかご存知ですか。土地の価格が割安になるといったメリットがあります。土地と建物のトータルコストを少しでも抑えたいという方にオススメです。そして、ハウスメーカーや工務店のノウハウを活かした家が建てられる点も魅力的です。土地の価格が割安になる理由とは、ハウスメーカーや工務店が土地を販売するときに、建物の建築代金を土地の価格に上乗せしているからです。土地を別で購入するよりも、建売住宅建築条件付きの土地を購入する方がコストが安くなるというわけです。一方、建築条件付きよ土地には、デメリットもあります。自由度が低くなる点です。なぜなら、ハウスメーカーや工務店の指定する業者の選択肢が限られることや、間取りや外観、設備などを自由に決めることができないケースもあります。